どうぞ・ちょーだい🌼雰囲気だけの遊び
~9ヶ月2週間~

週刊“よければどうぞ”
子どもとの生活で、ふと思いついた成長につながる遊びを主観的に書いたスタッフブログです。
遊びは成長過程にだいたい合わせたものなので、よければどんな反応が返ってくるか、おうちでも試してみてください🚀

 

 

 

———-

この時期、うちでは子どもにそのへんにあるものを『どーぞ🌱』と強引に渡して、1,2秒で『ちょーだい⭐️』と、めちゃせっかちなヤツをイメージしてやりとりしてみました。

 

 

大人なら「え、え、もう?!なに?」ってなるし
子どもなら「え……なに?」と何が起きてるかわからない雰囲気になりますが………

 

 

 

 

 

そのまま押し切りました🏋️

 

 

やってると「あ……いただきましたが………あ、はい……どうぞ、返します…」みたいな感じで、とりあえずもらう・渡す…ということを形だけしてると

 

そのときは大人がしつこいので、とりあえずはやってくれました🌼

 

 

 

 

さてさて、これをタイミング分けて1日1,2回くらいやってると、ちょーだいでくれるように✨

 

繰り返しできて『すごーい‼️』ってしつこく言ってたら、求めてないのに大人に渡して喜んでましたが🐷

 

こういうやりとりするんやって、読めたみたいで✨

積み重ねで賢くなってねーって思いました⭐️

 



なんか言われたら物渡す…とか,
大人がなんか言うてるなー…とか,
ちょーだい言われたら渡さなあかんねんなー…

みたいな観察力とか言葉力のベースになったりするなーとやってました🐤

 

 

 

この時期の子どもたち、言葉もだけど、この観察力でいろいろ読み取って賢くなるので、いろいろ観察させたげたいなーと思う時期です🕺

 

 

そんなやりとりないわーって方は、子どもが目を合わせるとか何かしらの反応があるまで、子どもなりに観察する間をゆっくり取ってみてください🚀

コメント

タイトルとURLをコピーしました