子どもに話を聞いてほしいときに試してみること~1年4ヵ月と3週間~

週刊“よければどうぞ”

うちでは奈良(奈良市)と大阪(交野市)で、90分みんなで遊ぶ教室をしています。
友達の輪に入ること,言葉で理解・表現すること,勇気や自信を持つこと,空気を読むこと……など、子どもの能力が伸びるように講師が遊びをプログラムしてキャーキャー遊んでる教室です。
その教室のスタッフブログです。

タイトルにある週は子どもってどんな様子なのか、子どもとの一部の記録とこんな遊びすると発達的に伸びやすいかもってことをざっくり書いてみました。
近くに同じ歳の子がいない人に同世代の子どものイメージを持ってもらったり、子どもの発達が心配な人にどんな遊びを普段からしてると成長しやすいか見てもらったり……などなど。
そんな方々に向けて書いてるつもりです。

よければどうぞ。

.

ーーーーー

わが子(はらぴー):「 」
親:< >
“ ”:親が意識して覚えてもらおうと喋った言葉

『 』:病院の看護師

ーーーーーーーーーーー

※最近テレワークが多くなり、ブログ等へかけられる時間が減っています。。。
週の中~後半に更新予定ですが、今後週の後半に更新されることが多くなると思います。

見ていただいてる方、ご了承くださいm(__)m

ーーーーーーー

.

ある日のこと…

「(お散歩中)はっぱ!!」

<ほんまやね~、葉っぱやね~。>

「(がんばって取ろうとするが体が思ったタイミングで動かないようで、手だけ伸びる。)」

<もうちょっと前まで歩き。>

「………。」

<無視ッ!!>

<なんてこった!!パンナコッタ!!(昔の吉本新喜劇のギャグ)>

<おーい。………全然聞いてくれへんやん。>

.

.

またある日のこと…。

<(40.1℃の熱が出て、病院でけいれんが起きた場合の話を聞く)>

『意思疎通ができるかは大事!!けいれんが起きてもすぐ落ち着く子もいてるし、だいたい5分くらいでは落ち着くと思う。

でもあんまり長かったら救急車呼んでほしいし、呼びかけに反応しなかったときも救急車ね。

子どもによっては熱とけいれんで疲れて寝ちゃっても、30分後にまたけいれんが起きる子もいてるから、ちょっと経過は見ておいたほうがいいわ。

意思疎通できてもぼーっとしてても病院来て。

高熱で熱性けいれん起こすのって発熱後2日の間くらいで起こることが多いんやわ。2日くらい過ぎてもけいれんが起きたり何度もけいれんを繰り返すなら、他の病気とかもあり得るから、脳波とかするからその場合も病院に来て。』

<…(説明を受けた後)…めっちゃ丁寧やったな。>

<うん。>

<要は意思疎通あるかって結構大事ってことやね。ある程度元気でも、その境って難しそうやから、また病院連れてこよか。まだ起きてないけど。>

<そうやな。そうしよ。>

.

.

.

👶かしこくなると思う遊び👶

子どもってよく無視します。でも実際は無視ではなくって、頭の処理が追いつかなくてスルーします。

目・耳・鼻・口とか五感とか、そういう部分を使うと頭のキャパがすぐいっぱいになります。見ることに100%!!! 他は0%!!!!!…みたいな。

.

結果的に、子どもが何かを見てると全然聞いてくれないってことが起きます。子どもの中では“1つの世界”で生きてるので、時間をかけて1つ1つ伝えることが、物事の理解力を高めるコツです。

ちなみに、見る・聞くだけじゃなくて歩く動作も1つなので、止まってから伝えると、より伝わりやすいかなと思います。

.

これって、徐々に聞いてくれるようにはなりますが、だいたい2歳台まで全然続くと思ったほうがいいです。

3歳くらいから1つの感覚だけじゃなくて、2つ以上の感覚を同時に使う機能が成長すると言われてるので、その頃にはスルーされることは減るかな?!と。でも、テレビとか好きなことは、5歳近くならないと全然ダメなんですが。

.

<1つの世界やのに、全然聞いてくれへんやん!!!>って注意集中がいまいちの子には、大人が横に立つ・座るとかして見えてるものを遮るのは結構意識を向けてくれます。

視覚優位とかの言われ方で、目とか耳とか聞いてくれやすいほうは成長するとあるんですが、この年齢はまだまだ目からが影響を受けやすいです。

.

………いっぱい書きましたが、意識を向けたいときは子どもが見てる先や子どもの横に大人が行って喋りかける。

これがオススメです。

.

.

よければどうぞ。

.

ーーーーーーーーーーー
あそびを習い事に!!うちもだんLabo.
050-5578-8374
uchimodern@gmail.com

興味がある方やなんだか話を聞いてみたい方などなど…
よければお気軽にご連絡ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました