イェーイみたいなノリと色がわかるのはいつ頃⁉️~1歳2ヶ月と3週目~

週刊“よければどうぞ”
この週にあった一場面を、子どもとの記録として書いてみました。
発達のこととか遊びのことを少し書いてますので、よければのぞいてみてください。

ーーーーー

わが子:「 」
親:< >

ーーーーー

👯イェーイっていうノリ👯

「ん!ん!」
<なにーなぁ?積むの??>
「ぅお!お!」

散らばってる積み木とブロックを自分で積もうとしたり、親に渡して積んでもらおうとしたり。
たまに積み木とブロックをミックスで積むように頼んでくることも。

<いやー、それ積めるかなー??>
ブロックと上に積み木を積んでみる親。
<おぉ、いけた!イェイ!>
「イェイ!!」
と、とりあえずハイタッチするわが子。

 

 

👶かしこくなると思う遊び👶
うちではイェイ!を、とりあえず昔からやってました。
最初はわかってませんでしたが、後々楽しいときに出てくることがあって、意味が後からついてきました。

最初は言葉とか行動を覚えて、使ってるうちに「(はっはーん……このタイミングで使うのか。。)」とわかってきます。
ウチで言えば、1歳6ヶ月過ぎて2,3ヶ月の間くらいにイェイの雰囲気をつかんできたと思います。

 

この時期に教えてた、青とか赤は、適当に言ってましたが、2歳くらいになるまで信号とか物とかで色が登場して、徐々にわかってきます。
知らないうちに覚えてるので、親のキャラを出して思ったことはなんでも言うと、たぶん知らないうちにいろいろ聞いてるので覚えてるので発達的にいいです。

あるところは2歳6ヶ月検診とかで色を聞かれるので、何色か違いがわかって使えてたらokです。
2歳6ヶ月頃は“違いがわかる”ことがポイントで、1歳過ぎは比べるために物の名前とかをたくさん教えてみてください。

 



 

🚀なんでも積むとおもしろがるわが子🚀

<へー、これでも楽しいんやー。>
<大人からしたら違和感しかないけどなー。>
「お!ぅお!ん!」
気がつけば、そのへんに置いてる物が積み木とブロックの上に絶妙なバランスで積まれてる。

<えぇー、まだ積むのー?!もう倒れんでー。>
<はい、積んだ…フリ。>
「……ん!」
<フリってなんやねん!やってさ。>

大人の茶番とかもういいから…と積むようにと指示を出すわが子。

 

 

👶かしこくなると思う遊び👶
この時期、ブロックはブロック、積み木は積み木と分けて積むことに楽しさを見いださない子どもたち。
“積む”ということか楽しいようで、たぶん上の2歳6ヶ月頃の“違いがわかる”ところの理解までは、まだいってないからだと思います。

だから、1歳前半とかは積む,落ちる,倒れる,滑るとか物の動きを見て、たくさん楽しむ方が、後々その仕組みとか違いをわかって賢くなる……
だから、とりあえずいろいろ触れて見て遊ぶのはいいですって話です。

 

 

ちなみに、ブロックはブロック同士で遊ぶ!とか教え続けるとガチガチになるので、子どもによっては変なこだわりを作っちゃわないためにも、説明書通りに遊ばないことも発達にはいいです。

いろんな遊びを、よければどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました