救世主登場!メルシーポット。~11ヶ月と4週目~

週刊“よければどうぞ”

この週にあったことを子どもの記録として書いてみました。
子どもの成長を……というわけではなく、むちゃ偏ってます。
発達のことも少し書いてると思います。
よければのぞいてみてください☀️



🛌睡眠時無呼吸症候群のおっちゃん並のわが子の呼吸🛌

————–

わが子:「 」
親:< >
メルシーポットに関連する音:『 』
お医者さん:《 》

 

————




うちの子は保育園に入ってからよく風邪を引いて、週に1~2回は発熱で保育園を休んでいました。

4月入園で9月頃まで熱は続いて、職場では申し訳なく、まっすぐ向いてるハズなんだけど、ずっと下を向いていたような気がします。



病院はとうとう4件目になり、ようやく中耳炎を起こしやすくて、その影響での発熱だろうとなり、
“十全大補湯”という中耳炎に作用しやすくて免疫も上げていく漢方を処方してもらって、
今では<1ヶ月風邪引いてない!イェーイ!>みたいなことにめでたくなっています。


この診断に私は、“神様ぁ~!”と嬉しくなってテンションが上がっていると、その態度が出ていたらしく、
《でも、うちでする医療は何かすごいことをするわけではなくて、他とそんなに変わらないと思います。》と何かの念を押されてました🐷



しょっちゅう熱出してお迎えって、親の気持ちがゴリゴリ削られていく感じで、こういうところの世間の理解って、難しいな……。
そして、最初の見立てって大事やなと痛感してました。

以上、感想です💡





そして、わが子ですが、「ゥグ…フッ…(モゾモゾ)ズッ…ズルズルズルズル…」と鼻から息を吸いきれなくて
<めちゃおっちゃんみたいやな>と親同士で子どものいびきを聞きながら喋り、寝きれないわが子を見て困っていました。


そこで出てきたのが、メルシーポット。

鼻水を吸ういろんなツールはありますが、手動より断然電動!
そして、寝入りと熟睡度は全然違いました。

『ブィィィィィン。』…そんなうるさくないです。
寝てるときスイッチONで、起きる大人と寝たままの大人に分かれるくらいの音。



メルシーポットを買ってから、鼻が詰まって寝にくいわが子を見ると…

鼻つまる=無呼吸のおっちゃん。




電動鼻水吸引器 メルシーポットS-503 & ロングシリコンノズル ボンジュールセット


 

 


多くは6ヶ月頃で、母乳とかから受ける免疫の状態が変わってきて、風邪を引くようになってくると言われてます。(諸説あり)

ちなみに寝てる間、子どもはめっちゃ寝返りしますが、寝返りをする事で血液を心臓に送ってキレイにして、
そしてまた起きたら元気いっぱい遊べる状態にしてるそうです。

そして、うちは小さい頃にこの寝返りでベッドから落ちて慌てて救急に行った覚えがあります。
その後ベッドは低い物へ買い換え。

ベッド検討中の赤ちゃんがいる方。
好みなんだけど、たぶんベッドは低い方がいい気がします🗿

コメント

タイトルとURLをコピーしました