この人は安全なのか💦~1歳2ヶ月と1週目~

週刊“よければどうぞ”
この週にあった一場面を、子どもとの記録として書いてみました。内容むちゃ偏ってます。
発達のことも少し書いてると思いますので、よければのぞいてみてください。

ーーーーー

わが子:「 」
親:< >
車屋さんの受付の人:《 》

ーーーーー

 

👯👯👯
両親+わが子でバスに乗った週。
この頃、「だだ!」と抱っこをねだったり、ちょーだいをしたりして、叶わないとうぇーんと泣く頃だったので、わずか10分ほどなのに両親はヒヤヒヤ。

<今からバスに乗るから、おとなしくいといてね。>
と、言葉では絶対伝わらないような両親のプレッシャーを、わが子はどう受け取ったのかヘヘッと笑ってスルー。

そして、バスが発射するなり、
<車、プップーやねー。>
<あ!ガタンゴトン、電車やー。>
と、いつも以上に話しかける両親。

挙げ句の果てには、
<あれ??あそこのお花かなー?!>
とか、バスの窓から見えたとしても遠すぎるわっていう物まで言い出す両親………というかワタシ。

周りがどう思ってるかわからなくても、眉間にシワが寄ってる人を見ると、なんかすいませんって思うんですよね。
肩身ものすごい狭いんですよね。

親も子どもを泣き止ませたり、静かにさせられるもんなら、とっくの昔にしてるわーって思っちゃう。
なんも言われてないけど、思っちゃう。
ほんで、なんか公共交通機関に乗るだけでメンタルが疲れる。。。 

 

👶👶👶
子どもに静かにおとなしく電車とかバスに乗っててもらうって、小学生くらいまでは無理で、それまではゲームとか音なし動画とか見せとかないと厳しかったりします。

「(あぁ、なんか静かにって言われてるなー)」
「(なんか親の雰囲気、今違うぞ…)」

って思い始めるのは、2歳6ヶ月前後なので思いは伝わると思いますが、何か物に頼るのが無難な気がします。

がんばれ!
公共交通機関お母さんお父さん!

メンタル休めてね!
公共交通機関お母さんお父さん!

 



 

🚗🚗🚗
車のメンテナンスで待ってる間、受付の人がガチャガチャのコインをくれる。

《こちら、どうぞ。》
<あー、すいません。ありがとうございます。>
<よかったなー。ガチャガチャやんー。>
「(じーーーーっと受付の人と両親の顔を見比べる)」
<いいねんで。もらいや。>
「(じーーーーーー。)」

沈黙の間が続くので、結局大人がもらう。

<めっちゃ見てたな。>
<受付の人、そりゃ困るよな。>

 

👶👶👶
大人の様子を見て、安全かどうかを判断する時期。
まさにこの頃だと思います。
プロセス的には、他人が近づいてきて不安みたいな圧が迫る→親の笑顔とか見る→安心して他人と関われる。。。
みたいなプロセスになります。
ちなみに1~2ヶ月前も同じようなことがあったので、1歳頃から親の表情を見ながら過ごしてるんだと思います。
きっちり安心感を得るために、エヘッと笑ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました