ホメられデヘデヘする子ども🌷~生後7ヶ月と2週間~

週刊“よければどうぞ”
このブログは、普段発達相談をしてる子持ちお父ちゃんのブログです。
幼い頃から子どもが持ってる能力をできるだけ伸ばそうと工夫して遊んだアイデアが載っています。
興味あれば参考にしてみてください。

 

🚀🚀🚀
あの、冒頭でなんですが、
7月からサイトリニューアルに伴って、サイトのスタイルが変わりつつあります🐮
さっき見たら、とりあえずベースのサイトが公開されてて「えーーー!!!💦」ってなりました。

こういうミスしながらサイトがリニューアルされていくので、更新までもう少しお待ちください🐤
…と言っても、1からプログラミングして英字と闘っているので、まだしばらくかかりそうです、、、もうしばしのお待ちを🍘🍵
🚀🚀🚀

 



 

ーーーーー
👶この頃の成長発達👶
子どもは大人の反応があるとキャッキャ or エヘエヘ笑う頃です。ウフウフでもいいです✨

 

ほめる→同じことをする→ほめる…を繰り返ししはる時期で、最初は純粋にホメられるんですが、徐々に大人がホメることに疲れてくる時期でもあります🐷

 

 

🎈様子見の成長発達🎈
ホメても反応がない場合や人より物にばかり行って遊んでくれない場合など。

 

 

 

※※※※※
こんな場合に子どもが………

 

🐦️聞いてくれてるか(意識を向けてくれてるか…) or 他に注意がいってないか⁉️
聞こえてるか(声や音が耳に入っているか…)ではないですよー。

 

 

🐧機嫌が悪くないか⁉️

🐢普段からホメて、子どもがうれしがるやりとりをしてるか⁉️

 

 

🐮人との楽しみ方を知ってるか⁉️

 

 

…あたりのどんな感じか見当をつけたいです。
※※※※※

 

 

パッとこのへんが思いつきますが、なにか当てはまりますか?
もし当てはまらないなら、今から“ホメる→同じことをする”のサイクルに入ってくるかも✨

 



さてさて、なにかに該当した場合ですが簡単に………

 

🐦️🐦️🐦️
この場合、子ども的には音は耳に入ってても意識には入ってないときがあるようです。
なので、自然と意識は向かないので、できれば視線の先とか、近いところから声をかけるほうがいいかも。。。

 

🐧🐧🐧
みなさんもご存知だと思いますが、普段は耳と意識は「お耳ダンボモード」ですが、機嫌が悪いと「お耳アリさんモード」で、耳から入って耳から抜けていきます💡
悪い機嫌が過ぎ去るのを待ちましょう。

 

🐢🐢🐢
ホメる→同じことをする…
…の流れを最近始めてはいないか?!?!
もし最近始めたところなら、子どもの中で『この遊びする→ホメてくれる』のパターンが頭の中で完成してない場合があります。

たぶん子ども的に、最初は決まった遊びとか決まった動きをいくつかすると思うので、最近よくする遊びや動きがホメれるものならじゃんじゃんホメて、子どもが喜ぶタイミングを見つけましょう⭐️
喜んだら、たぶん同じこと繰り返しはります。

 

🐮🐮🐮
物ばかりにいく子…なかなか強者ですね。
「ね、ね、遊ぼーよ~」ってなります⚽️

もし子どもに好きな物があれば、それを一旦大人が持っておいて、子どもが大人のほうを見たり何か喋ったりしたら物をあげるようにしてみましょう☀️

「この人、物もらう上で大事な人やな✨」みたいに…。そこから、徐々に大人を意識していってもらうやり方でチャレンジを⭐️

 

大人は日常生活で(子どもがなんか言ったら食べ物渡したり、大人の物をほしそうに膝に登ってきたら渡したり…)自然とこのへんの動きをしてるんですが、そこをあえて少し意識してみましょう🎵

 

 

ネットで1歳になるまでの子で、「人より物ばかりに行く子は自閉症ですか?」って記事を見たことがあるんですが、まだまだ未経験で知らないことがたくさんの年齢なので、もしそんな心配がある方がいれば、その心配とはサヨナラしといてください🚀

👋👋👋👋👋

 



 

話逸れますが、子どもがこの頃にウチは旅行に行きました🚗
まだ平和に過ごせましたが、これが1歳過ぎ~1歳6ヶ月超えてくるくらいまでは、自我のオンパレードな上に言葉が通じにくいので、
旅行検討中の方は時期を検討して楽しい旅行にするのもありかと…🐜

ちなみに、1歳2ヶ月でウチは初旅館に旅行に行ってみました。
障子に突進して遊ぶことに楽しさを見いだして、さらに我を通してやり続け、両親に止められる度に膝から崩れるように泣き……

 

…この繰り返しはなかなか辛かったです🐷

 

 

ーーーーー
💐今週のよければどうぞ💐
ホメるタイミングを調整してみよう

 

 

👶遊ぶ→👫ホメる→👶喜んで繰り返す→👫ホメる

 

…このパターンの途中で一旦ホメずに、子どもがまた違う遊びをしたときにホメてみる。

 

 

例…
①👶おもちゃを手に取る→👫ホメる

↓↓↓

②👶おもちゃを手に取る→👫ホメないで黙って見てる→👶おもちゃを振る→👫ホメる

 

…みたいに、ホメるタイミング変えて、どんどん子どもにいろんなことをチャレンジしてもらいましょう🌻

コメント

タイトルとURLをコピーしました